1 風吹けば名無し :2018/12/18(火) 15:38:01.11

2018y12m18d_182003490
https://www.google.com/amp/s/www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/18/kiji/20181217s00001173304000c.html
兄が全ての基準だった。高校は「兄が進学した八幡商を倒したい」と北大津に進む。3年夏に甲子園のマウンドに立った。「あの時は兄を超えた」と思ったが、近大では活躍できなかった。

 兄が楽天に入団した大学1年から「則本弟」の看板を背負った。自身は直後に右肩を故障。手術を2度受けた。リーグ戦登板は1試合だけ。昂大が打ち込まれると、周囲から「兄貴、何してん?(故障ばかりの)おまえもな」と冷やかされた。

 「自分のことならまだしも、兄のことは悔しかった」。一方で、「これからずっと“則本の弟”なんだ」と覚悟も決めた。兄が投げる試合は必ず見て、活躍を心の支えとした。

続きを読む