鷲づかみニュース@楽天球団専

楽天ゴールデンイーグルスに関連する2chスレッドをまとめているブログです。

【今日の人気記事】

    岩見雅紀

    【楽天】ドラ2岩見、体力まさかの「中学生以下」シャトルラン最下位・・・



    1 風吹けば名無し :2018/01/11(木) 07:39:47.85 ID:4nMmaT9kp.net

    楽天の即戦力新人が10日、弱点を露呈した。
    楽天生命パークでの新人合同自主トレで、育成を含む10人は有酸素運動の能力を測る「20メートルシャトルラン」を実施。
    ドラフト1位・近藤弘樹投手(22)=岡山商科大=が76本で9位、同2位・岩見雅紀外野手(23)=慶大=が71本で最下位に沈んだ。
     まさかの光景だった。「ドレミ…」の電子音に合わせ20メートルを往復
    する体力測定。
    121本で1位のドラフト6位・西巻賢二内野手(18)=仙台育英高=はまだ余裕の表情で走る中、岩見が最初に脱落し、すぐに近藤の足も止まった。
    岩見が「けっこう最初の方からしんどかった。慶応では長い時間のダッシュはないので…」と苦悶(くもん)の表情を浮かべ、近藤は「まあ、こんなもんでしょう」と苦笑い。
    キャンプ1軍スタートが内定する2人が、早々に仲良く?座り込んだ。
    スポーツ庁が16年に集計したデータでは中学生の平均が85・9本でまさかの「中学生以下」。
    2018y01m11d_123759067 

    続きを読む

    【悲報】楽天岩見、風呂場でケツを損傷していた



    1 風吹けば名無し :2017/12/23(土) 14:06:50.98

    慶応のエルドレッド”はプレーだけでなく、素顔も豪快な男だった。楽天ドラフト2位の岩見雅紀外野手(23)は気は優しくて力持ちの見た目に加え、大物感たっぷりの逸話が満載だ。慶大のチームメートが知られざる過去の数々を明かしてくれた。

     ある後輩ナインは「ドラフト直前に寮の食堂のハリに頭をぶつけて、おでこをパックリ。試合前日なのに、この人は何をやってるんだろう…」。
    あきれつつも「マイペースというか、ある意味自分を持っている。大事な試合の前でも動じないというか」とその胆力に感心しきり。別のチーム関係者も「何年か前のアメリカ遠征のとき、風呂で足を滑らせてケツを割ったとか。大出血で、風呂場は一面血の海。シーズンを棒に振ったと聞いたことがあります」
    と、風呂場で転倒して大ケガを負ったことで野球を断念してプロレスラーになったジャイアント馬場さんばりのエピソードを明かす。

     さらに「かなりの酒豪でよく飲みに行ってるんですが、そのせいか朝は絶対に一人で起きてこない。隣室の後輩が毎朝起こしに行ってます」と性格はどこまでもマイペース。
    「豪快というか、見た目もあいまって昭和の男という感じ」とスマートな慶応ボーイのイメージとは正反対の存在だが「ああ見えて女の子にもよくモテるんですよ」という声もあり、人間的な魅力は十分だ。

     六大学野球歴代3位の通算21本塁打をマークした強打だけでなく、様々な“逸話”も併せ持つ岩見。活躍すれば一気に人気者となりそうだ。 
    2017y12m23d_174627470
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000021-tospoweb-base

    続きを読む

    夢の“観覧車弾”への期待がかかる岩見雅紀



    1 風吹けば名無し :2017/11/16(木) 15:35:40.67

    神宮で21本塁打を放った“慶大のバレンティン”が、仙台でプロ生活をスタートさせる。

     岩見雅紀、23歳。慶大進学を志して一浪したため、同学年の選手よりも年齢は1歳上になる。慶大では2年春にデビューして、初本塁打が同秋だから、驚異的な量産ペースと言える。
    特にこの秋はすさまじかった。法大2回戦から明大2回戦まで5試合連続本塁打で、従来の連続試合本塁打記録を塗り替えると、こちらは最多タイとなるシーズン7本塁打。年間最多本塁打は1本更新する12本塁打。
    歴代最多本塁打は大学の先輩・高橋由伸(現巨人監督)の23本で、これには2本及ばず21本塁打に終わったが、歴代3位は誇れる数字である。

     楽天が2位指名した後、梨田昌孝監督は「球をピンポン玉のように飛ばす」と、そのバッティングを大絶賛。練習時からあまりに飛距離が出るため、神奈川県横浜市にある慶大グラウンドには左中間に“岩見ネット”が増設されたほど。そうなると、Koboパーク宮城でいったいどこまで飛ばすのか。夢が広がる。

     同球場の左中間部には昨年から観覧車が動いている。完成した際、三木谷浩史オーナーは、「観覧車に打球を当てたら楽天ポイント100万円分プレゼント」を明言。そのためには飛距離170メートルが必要で、さすがのアマダーさえ実現できていない。

     それでも、岩見は夢を追いかけるつもりだ。

    「本塁打を打つのが僕の役割。僕が存在する理由はそこにある」

     そして“観覧車弾”についても「できたらいい」と真顔で答えた。

     楽天が誇る重量打線はウィーラー(100キロ)、ペゲーロ(119キロ)、アマダー(135キロ)。ここに110キロの岩見が加わり、100キロ・カルテットを形成。それこそ夢物語だが、彼らが打席に入る際に「危険防止のため、観覧車の営業を一時停止します」などというアナウンスが球場に流れたら面白い。 
    2017y11m17d_190258048
     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171116-00000002-baseballo-base

    続きを読む
    スポンサードリンク
    鷲づかみニュースへのアクセスランキング
    【億越え誕生】人工知能AIで稼ぐ
    • ライブドアブログ