1 風吹けば名無し :2017/11/16(木) 15:35:40.67

神宮で21本塁打を放った“慶大のバレンティン”が、仙台でプロ生活をスタートさせる。

 岩見雅紀、23歳。慶大進学を志して一浪したため、同学年の選手よりも年齢は1歳上になる。慶大では2年春にデビューして、初本塁打が同秋だから、驚異的な量産ペースと言える。
特にこの秋はすさまじかった。法大2回戦から明大2回戦まで5試合連続本塁打で、従来の連続試合本塁打記録を塗り替えると、こちらは最多タイとなるシーズン7本塁打。年間最多本塁打は1本更新する12本塁打。
歴代最多本塁打は大学の先輩・高橋由伸(現巨人監督)の23本で、これには2本及ばず21本塁打に終わったが、歴代3位は誇れる数字である。

 楽天が2位指名した後、梨田昌孝監督は「球をピンポン玉のように飛ばす」と、そのバッティングを大絶賛。練習時からあまりに飛距離が出るため、神奈川県横浜市にある慶大グラウンドには左中間に“岩見ネット”が増設されたほど。そうなると、Koboパーク宮城でいったいどこまで飛ばすのか。夢が広がる。

 同球場の左中間部には昨年から観覧車が動いている。完成した際、三木谷浩史オーナーは、「観覧車に打球を当てたら楽天ポイント100万円分プレゼント」を明言。そのためには飛距離170メートルが必要で、さすがのアマダーさえ実現できていない。

 それでも、岩見は夢を追いかけるつもりだ。

「本塁打を打つのが僕の役割。僕が存在する理由はそこにある」

 そして“観覧車弾”についても「できたらいい」と真顔で答えた。

 楽天が誇る重量打線はウィーラー(100キロ)、ペゲーロ(119キロ)、アマダー(135キロ)。ここに110キロの岩見が加わり、100キロ・カルテットを形成。それこそ夢物語だが、彼らが打席に入る際に「危険防止のため、観覧車の営業を一時停止します」などというアナウンスが球場に流れたら面白い。 
2017y11m17d_190258048
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171116-00000002-baseballo-base

3 風吹けば名無し :2017/11/16(木) 15:36:17.10

在来線爆弾みたいななにかやと思ったら


4 風吹けば名無し :2017/11/16(木) 15:36:35.52

.220 10 40 .650
このくらい期待してる


5 風吹けば名無し :2017/11/16(木) 15:37:22.68

まず痩せるべきでは?


6 風吹けば名無し :2017/11/16(木) 15:38:49.24

観覧車よりメリーゴーランドの方が危険!
メリーゴーランドなら150m飛ばせば当たるかも


7 風吹けば名無し :2017/11/16(木) 15:39:15.57

岩見君ファーストコンバートはないのかな
長距離砲という長所をとことん伸ばせる環境を作ってほしいな


8 風吹けば名無し :2017/11/16(木) 15:39:20.68

右の大谷なら当たるかも


9 風吹けば名無し :2017/11/16(木) 15:39:29.67

商品しょぼない
もっとええのあるやろ




スポンサードリンク

【楽天イーグルス新着情報】